スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

NiVEの使い方~起動と設定

WS000007_20100518083920.jpg
起動します。

WS000010_20100518083918.jpg
■アイテム・・動画、静止画、コンポジション(後で説明)など、メディアファイルの置き場所です。
■ヒストリー・・・作業履歴です。
■プレビュー・・・プレビュー画面です。しかし、これは作業画面で実際の動画をみる画面は
          他にあります。後で説明。
■タイムライン・・・動画の編集画面です。ここでさまざまなエフェクトをかけます。


WS000011_20100518083918.jpg
まず、ファイルから新規プロジェクトをクリック。
WS000012_20100518084029.jpg
■ディレクトリ・・・プロジェクトファイルを保存する場所を指定します。
■プロジェクト名・・・わかりやすい名前を付けましょう。
OKをクリック。

WS000013_20100518084028.jpg
コンポジションの設定
■サイズ・・・作成する動画のサイズを指定します。
■フレームレート・・・一秒間のこま数を指定します。特別なことをしなければ30でいいと思います。
■長さ・・・作成する動画の長さを指定します。フレームレートが18000になっています
       これは秒数に直すと1分です。
■レンダラ・・・GDI、I拡張2D、openGLと3種類あります。違いについては後で説明。
         とりあえずGDIでOK。
■コンポジション名・・・このコンポジションの名前です。
*レンダラ以外は後で設定変更が可能です。

私の動画の関係上サイズは640×480で説明していきます。


設定です。設定→環境設定。

WS000014_20100518084028.jpg

WS000015_20100518084027.jpg
とりあえず一項目だけ設定します。
■操作ごとにプレビューを更新する。
・チェックを入れると、操作するたびに操作した結果がプレビュー画面に表示されます。
エフェクトなどかかり具合をみながら作業ができるので便利なのですが
非常に重くなります。PCのパワーがある場合はチェックを入れます。
・チェックを入れない場合、結果を見るには、タイムラインの任意のフレームをクリック
することで確認できます。

どちらも試してみることをお勧めします。

私の場合マシンパワーがないので常にチェックをはずしています。


先延ばしにしていたコンポジションについて。
う~ん、説明が難しい・・・。

コンポジションは一つの動画として扱われます。

たとえば、四角と丸の動画があってこれを合成したいとき
コンポジション1で合成します。
次にそれぞれに同じエフェクトをかけたい場合がでてきます。
四角と丸、それぞれに同じエフェクトをかけてもいいのですが、
微調整が必要なエフェクトの場合、四角と丸、それぞれの調整が必要に
なってきます。それでは面倒なので四角と丸、一度にエフェクトをかけることが
できます。そうすれば調整は一度ですみます。
そこで、コンポジション2を作り、コンポジション1を一つの動画として
読み込ませ、コンポジション1にエフェクトをかけます。
合成1


複数のコンポジションを合成したりすることもできます。
合成2

説明が難しいですが使っていけばわかると思います。



次にレンダラについて
■GDIレンダラ・・・普通の動画(2D)を扱うときに使います。最初はこれを利用しておけばOKです。
■2D拡張レンダラ・・・GDIのマテリアルにブレンド(合成)モードと補間がプラスされたレンダラ。
■openGL・・・動画を3D空間に配置できるレンダラ。


次にプレビュー画面について
NicoVisualEffectsを触って最初に戸惑うところなのです。
このプレビュー画面で再生してみるとわかるのですが、
非常に遅く再生されます。これはひとこまひとこまレンダリング(書き出し)を
しながら再生されるためです。

通常の再生をしたいときは、ファイル→指定範囲書き出しで
AVIファイルで書き出してメディアプレーヤーなどで再生するか
リアルタイムプレビューを使います。

リアルタイムプレビューとリアルタイムプレビューRの2種類があります。
■リアルタイムプレビュー・・・ダミーファイル(名前はなんでもいい)を作って
書き出し再生されます。再生画面を消すとダミーファイルも消えます。
■リアルタイムプレビューR・・・RとはRAM(メモリ)のことでダミーファイルを作らずに
RAMに書き込み再生します。RAMに余裕があるのならこちらを使いましょう。

もう一つファイルから
書き出しと指定範囲書き出しの2種類がありますが、
書き出しを選ぶと最初から最後まで書き出されてしまいます。
動画の確認ならば指定範囲書き出しを選んでください。

使い方1へ
スポンサーサイト
NiVE使い方 | trackback(0) | comment(0) | 2010/05/18 Tue
<< NiVEの使い方1 | home | NiVE使い方~導入、起動 >>

Comment


Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。