スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --

高機能DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)。フリー版

Studio One™ Freeの紹介です。ここをクリック!

高機能DAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)です。
フリー版ということもあり機能は制限されていますが、これだけ出来れば十分です。

ソフトウエア音源・・・プリセットサンプラー 1個のみ。100音色。
ただ、このサンプラーはADSRやCutoffなどの調整も可能、エフェクトも7つ持っています。
*モジュレーション、EQ、ディストーション、PAN(トレモロ)、GATE、ディレイ、リバーブ。

各パラメーターをDAW側でオートメーションもできます。
残念ながら、VSTなどサードパーティー製のものには対応していません。
*上位機種は対応

オーディオに関してもタイムストレッチができるなど本格j的です。
ASIOにも対応(ASIO4ALLで動作確認)

VOCALOIDやUTAUなどで作った歌に伴奏を入れるのには最適だと思います。
でも、初心者には難しいかもしれません。

インストールして起動すると
2012-04-14_103115.jpg
同意するをクリック


2012-04-14_103120.jpg
無償バージョンをクリック(ネットに接続しておいてね)



2012-04-14_103142.jpg
OKをクリック。

2012-04-14_103145.jpg
PreSonusユーザーアカウントからコンテンツをインストールをクリック。


2012-04-14_103150.jpg
2つのパケットをインストールをクリック。


2012-04-14_104733.jpg
OKをクリック。



2012-04-14_104742.jpg
完了をクリック。


2012-04-14_104801.jpg
起動しました。新規ソングを作成をクリック。


2012-04-14_104812.jpg
とりあえず、CDと同等の解像度を16bitに変えてOKを押す。


2012-04-14_104816.jpg
右上のインストゥルメントをクリック。

2012-04-14_105026.jpg
右上の全体をクリック。
Presenceを左の欄にドラッグ&ドロップ。

2012-04-14_105033.jpg
音源が起動するので「デフォルト」とあるところで音色を選択。

下のキーボードをクリックしてみましょう。
音が出るはずです。

その後の操作に関してはここでの説明はちょっとムリなのでヘルプ等を確認してください。



最後に使ってみた感想。
良い点・・・無料で本格的なDAWが使える
      基本音色は揃っているので伴奏には問題ない。
      タイムストレッチが使える。
      機能限定ではあるが基本機能はほとんど使える。


悪い点・・・ステップ入力が無い。MIDIの入力はリアルタイムかマウス。

総評・・・使えます・・・これは!


VSTが使いたければ「Music Studio Producer」や「LMMS」を使う。

違う使い方として
LMMSでドラムのLOOP素材を作り、Studio Oneに読み込む。
UTAUでボーカルを作り、Studio Oneに読み込む。
Studio Oneで伴奏を付ける・

なんてのもいいかもね。
スポンサーサイト
フリーソフト | trackback(0) | comment(2) | 2012/04/14 Sat
<< TECNOPOLIS | home | ご無沙汰ですが・・・。 >>

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/04/19 Thu| |  [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/07/20 Sat| |  [ 編集 ]

Comment form


管理者にだけ表示

Trackback

この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。